楽天モーゲージのフラット35

ポータルサイト楽天も住宅ローン提供しています。インターネット上で取り扱われるため、実店舗を持たないことで事務手数料など諸経費を掛けないことで、低金利を実現しています。
扱われている住宅ローンは、フラット35で、借入時の金利で全期間固定金利なので、完済まで同じ金利です。
借入金額は最高8,000万円で購入金額の80%まで融資してくれます。


金利はどの程度かというと、フラット35ですから長期固定金利で比較しますと、1位、2位を争う低金利です。
この条件ならば返済計画も立てやすいでしょう。
借り換えローンとして借りる場合、事務手数料がかなりかかります。
楽天のシステム上の関係でしょうが、事務手数料には、融資金額に加算した椎原委利息や、金融機関への手数料が発生します。これらを合算するとなかなかな金額になります。
金利だけを見ますと魅力的に思えますが、実際にシミュレーションで計算すれば、他の銀行やローン会社の扱う金融商品の方がお得だった、ということもあります。
手数料については、それぞれに全く違いますので、充分に検討が必要です。よく使われる方法では、手数料は金額が固定されていたり、融資額の数%を徴収するなどあります。
楽天モーゲージの場合は、事務手数料は融資額の1.5%です。実際に金額はいくになるか、計算しましょう。
ちなみに楽天モーゲージの場合は、事務手数料はランキング第3位の安さです。
銀行系の住宅ローンやローン会社のローンなど、実店舗がある住宅ローンと楽天モーゲージのような実店舗を持たない営業形態の違いにより、経費を削減、低金利・低手数料を実現できていると思われます。
しかし、実店舗を持たないことが全て良いわけでなく、エージェントを使った交渉は、相手の顔が見えないと様々な面で困難なこともあります。

Follow me!