変動金利から固定金利への変更

借り換えローンを検討する場合に、最も重要なことは金利であることは分かりました。現在は低金利の時代です。固定金利でローを組んだ方が、将来に金利が上がることがないので安心できますが、低金利の時きは変動金利で借り入れた方がお得ではあります。

しかし変動金利は景気が回復していき、金利が上昇すれば、借り入れている金利も上昇してきます。

低金利の時に変動金利で借り入れ、金利が上がってくれば固定金利へ切り替える、この様な借り方は最も有効な借り方ですが、金利がいつ上昇するか、経済の動きや景気の変動が見極められなければなりません。

変更するときのタイミングも重要です。現在の低金利の時に変動金利で借り換えローンを組み、将来、金利が上昇すれば固定金利委に変更する方が増加しています。

これから借り換えローンをお考えの方は、住宅ローンなど長い期間の借り入れになると思います。低金利の時は変動金利で買い入れた方が、お得なことは割りました。

金利がいつ上昇するか分かれば、何の問題もありません。これから、数十年先のことは、誰にも分かりませんが、現在の考えとして、三年後に好景気がやってくるとは考え難いです。

将来の人生設計が借り換えローンのために立てられず、最初から自分の納得する金利で固定して、借り換えローンを組む方法もあります。しかし、これにも将来、今の状態かそれ以上の収入が得られるかが、不安材料になります。

景気動向については、金融の専門家に相談することも重要なことですが、最終的に判断するのは、あなた方です。よく見極めた上で、借り換えローンを検討しましょう。

Follow me!