段階金利、基準金利の公庫住宅ローン

住宅金融公庫の住宅ローンで「段階金利」という方式を使った返済方法がありました。

これは、住宅金融公庫が扱っていたもので、昭和57年から平成17年まで行われていて、実際は今の長期固定金利の住宅ローンの金利より、この段階金利は4%ほどのところが多く、結果、高金利であることから廃止されたものです。

この会談金利とは、住宅ローン開始から10年目までの「基準金利」と、それ以後の11年目からの「階段金利」に差を設けて返済するものでした。これも、ローン開始から最初の部分は、低金利でしたが、11年目からの「階段金利」の部分の金利は4%と、他の民間の住宅ローンの方が、お得なものでした。

この階段金利のローンを組まれた方は、10年までこれを使い、それ以後は別のローンへ借り換えしました。現在もこの様な事例で借り換えローンを行っている方がいます。
実際に、階段金利は11年目から4%に対し、民間の住宅ローンであれば、2%程度の金利になります。

これを考えれば、誰でも分かることで、早い借り換えが望ましいです。

現在は、この階段金利は新規の契約は出来ません。現在、階段金利を利用されている方は、新規契約廃止直前に契約された方か、11年目以降の高い「階段金利」を返済されている方かの、どちらかになります。

現在の民間などの金融商品の方が、経済状況から金利も安く、借り換えるにはチャンスです。長期固定金利も今後は上昇する可能性もありますので、早めに借り換えをお勧めします。

実際に、これらにあたる方々は、借り替えローンを検討中、あるいは借り換え中の方が多くなっています。

Follow me!