40代の出産後のバストケア

40代のバストアップは30代よりも積極的にがんばらなくてはいけません。40代はどうしてもバストのハリがなくなり、垂れてくる傾向にあります。

ほとんどの方が40代には出産を終えて、しかも初老にさしかかり、体が変化してきます。今回は40代出産後のバストケアに集中して話をすすめます。

出産前後の女性の悩みには”バストの変化”が挙げられます。授乳を終えてからの、バストの形崩れに悩んでいる女性が大勢います。

バストの形崩れに敏感になり過ぎて、子供に母乳をあげることを恐れ、ミルクを使って子供を育てる人も居るようです。

40代のバストアップ←詳しくはここで

しかし出産の経験を経た女性の中でも、バストを美しく保持している方もたくさんいるのです。今回は「バストの形崩れ防止のために母乳を与えない」という解決法ではなく、「母乳を与えてバストの形崩れを防止するには…」という方法での解決法を紹介します。

まず、出産前後のバスト崩れの大きな理由は、必要以上に母乳を飲ませよう頑張り過ぎてしまうことにあります。これは特に、出産を初めて経験する人が持つ原因だそうです。

生まれたばかりの自分の可愛い子供にたくさん母乳を飲ませなきゃ、と必死になってしまうのは仕方のないようなことに思えますが、バスト崩れの大きな原因となっているのですから、工夫しなければなりません。

この原因を解消するためにはまず、必要以上に母乳を出そうとしないこと。そして万が一、母乳が多く出てしまう場合にはバストを冷やして調節することをお勧めします。

また、40代はバストの形崩れだけではなく、バストに白い筋が発生してしまう悩みも抱えている女性達がいます。この原因はバストが大きくなり過ぎてしまうことにあります。

この原因を解消するには、白い筋の発生を防ぐ専用のジェルを使ってケアすることです。

母乳を子供に与えることは、子供の体に免疫を持たせ、元気に育てるためにはとても大切なことです。また、母乳を与えることは限られた時間、時期にしかできないことでもあります。

子供を母乳で丈夫に育て、バストの変化にも自分自身で工夫をして対応することができるのであれば、素晴らしい子育ての第一歩に繋がるのではないのでしょうか?

色素沈着は美容の敵ですからね

黒ずみを除去したい人は増えています。特に多いのはデリケートゾーン、両ワキ、膝の黒ずみです。これは色素沈着が原因です。解決するには美容液を使うことです。

美白の成分が入っていることが美白美容液に分類される条件です。美白成分といいますと、ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタエキス・ルシノール・コウジ酸・エラグ酸の6種類です。

ビタミンC誘導体は、黒ずみをつくるメラニン色素を薄くさせる効果を備えています。アルブチンというのは、コケモモや洋なしなどに入っている成分で、化粧品メーカーである資生堂が生成したもので、非常に美白に効果的なものです。

プラセンタエキスは、新陳代謝を促す働きを持ち、正常な肌サイクルを作り上げてくれます。また、色素沈着の原因のメラニンを増やさない働きや、できているメラニンも体の外へ排出するという働きもしてくれます。

膝 色素沈着←さらに詳しく調べる

ルシノールというのは、頬に生まれた肝斑の改善に有効な成分で、ポーラ化粧品によって研究開発された成分です。大きな美白効果を持ち、浸透力にも優れています。

コウジ酸は、シミの原因といわれるメラニンの生成を抑制する効果がありますし、もう既に作られてしまったメラニンを体の外へと出してくれる作用も持っています。

デルメットで有名な三省製薬によって作り出された成分です。エラグ酸は、優れた美白効果が見込める成分で、ライオンが作り出したものです。

ここで紹介した6種類の成分のうちどれかが含まれる美容液が、美白美容液だとされています。現在あらわているメラニンを排出するタイプ、薄くするタイプ、メラニンを新たに作らないようにするタイプに分類することができます。

どの美白美容液でも、白くて明るい肌を作ることが目的ですが、肌を白くするための方法が異なるというわけです。自身の肌にマッチした美白美容液を見つけて使っていきましょう。

エピレの脱毛に行くべき?

エピレで脱毛する前に

女性女性の美意識が高まる中、安くできる脱毛サロンの脱毛は人気が高まっています。特に人気のエピレでは初回キャンペーンでワキ脱毛がお得に受けられます。ここで説明していく脱毛とは主に、プロの手によってムダ毛を処理してもらうことを指します。

「脱毛サロン」に行き、自宅で自己処理として行うことのできない、特殊な脱毛をしてもらうにはどうしたらよいのか、またトラブル等を避けるためには何を知っておくべきかなどを解説していきます。

エピレなどのサロンでの脱毛を経験したことのない人にとっては、どういった手順で脱毛が行われるのかや、サロンって怖くないの?という疑問や不安が沢山あるものだと思います。

そして実際に、ちゃんと事前に色々なことを知っておくかおかないかで、結果も変わってきますので、サロンで脱毛をしてもらうことに興味を持ったら、すぐにお店をなんとなく決めてしまったりせず情報収集をしましょう。ここではその手がかりなども書いていく予定です。
“エピレの脱毛に行くべき?” の続きを読む

Iライン脱毛の特徴と最大のメリット

Iラインとは

Iラインとは、脚の付け根から性器周りのことを言います。つまりIライン脱毛とは、脚の付け根から性器周りに生えているムダ毛を処理する脱毛なのです。

Iラインに対して、性器の上のアンダーヘアをVライン、お尻の肛門周りの毛をOラインと言います。

ここ数年において、脱毛を行なう女性が増えてきています。そのため、I・V・Oラインといった言葉が広まってようです。脇の下の毛のように女性のエチケットとして、これらのデリケートゾーン部位の脱毛が行なう人が増えてきました。

ではなぜ、Iライン脱毛を行なう女性が多いのでしょうか。
日本女性は、比較的アンダーヘアが濃い人が多いようで、水着や下着選びにも制限があったり、自己処理が大変だといったような、悩みやコンプレックスを持っている人が、Iライン脱毛を受ける人が多いそうです。
“Iライン脱毛の特徴と最大のメリット” の続きを読む

埋没毛を脱毛でキレイにしたい方へ

埋没毛を処理するのはなぜ難しいのか?

普通に生えて成長している体毛は、抜いたり剃ったりすることによって処理ができますが、埋没毛の処理はすごく難しいです。

埋没毛とは、毛穴が塞がり毛が外に出てこれずに埋まっている状態になっているもので、カミソリ等で剃っても全く毛には届かずに皮膚を傷めるだけで、抜きたくても毛の先端が出ていないため無理な状態なのです。

この埋没毛を自己流で処理するには、毛が埋まっている部分の皮膚を削るしかありません。何センチもの皮膚を削り取るわけではなく、埋まっている毛の先端を少し引っ掛けると、ほとんどの毛が自然と出てくるため、見た目は傷跡がわからない程度です。
“埋没毛を脱毛でキレイにしたい方へ” の続きを読む

肌トラブルがある人の脱毛の注意点!

脱毛の注意点

ムダ毛のお手入れは、誰でも行いたいものです。それがたとえ、アトピー肌だったり、敏感肌であってもです。

肌が弱い人が、かみそりなどで自己処理をするだけでも肌はだいぶ痛むでしょう。赤みもでたり、湿しんができてしまっている箇所のお手入れはとても神経をつかうでしょう。

そこでアトピー肌、湿しん、ニキビなどの肌トラブルがある人の脱毛技術について、簡単に説明していきましょう。
“肌トラブルがある人の脱毛の注意点!” の続きを読む

ムダ毛が濃いと脱毛回数は増える?

ムダ毛が濃い人に多い質問

毛が濃いほうが、脱毛回数が余分にかかりますか?その場合、光脱毛より電気脱毛の方がいいでしょうか?エピレやミュゼで脱毛を希望する方にも、そんな疑問を持っている方が見えます。

ムダ毛が濃いとそれを処理する時間や回数も、薄い部分に比べて回数がかかるのでしょうか。実際はそうでもありません。

毛が濃い方の方が実際は脱毛の効果を感じやすく、やってよかったという満足度は高いのです。毛が濃いとお悩みの方へ、ちょっとしたアドバイスをしたいと思います。
“ムダ毛が濃いと脱毛回数は増える?” の続きを読む